水素水とは?具体的な種類や効能を理解して利用しよう

通常の水に豊富な水素が含まれている物を水素水と呼びます。種類は豊富ですが、最も有名なのは電解水素水です。胃腸への働きが期待できるといわれており、家庭用整水器も存在しています。水素水という言葉を聞いたことのある人も少なくありませんが、具体的にどんなものなのか、効能などを知りたいと考えている人はとても多いです。具体的な定義や種類・それぞれの特徴や効果などについて、できるだけわかりやすく紹介します。目を通しておくだけでも、将来自分だけではなく家族の健康のために、水素水を導入するときの参考になる可能性が高いです。

水素水とはどんな水?その種類は?

水素水

水素水とは、文字通り水素が多く含まれている水です。医学の視点から見ると「水素豊富水」と呼ばれており、H2Oである水の中に原子同士がくっついている水素分子が豊富に含まれているのが特徴となっています。基本的に水素水は水素の分子が多く水の中に含まれていて、販売しているメーカーにより水素水・還元水素水など様々な呼び方をされていますが、すべて同じものです。自然界に存在している物ではなく、日本国内では人工的な処理により水素分子を水の中に多く含ませている物のことを指します。豊富に含まれていたとしても味やにおい、色に変わりはありません。販売しているメーカーごとに、含まれているパーセンテージは大きく異なるのも特徴の一つです。

種類としては、水素ガス充填式・電解水素水・天然活性水素水などとなっています。最も多く市販されている物は電解水素水と呼ばれるもので、別名アルカリイオン水と呼ばれていることも多いです。包装方法や生成方法が違うことで含有量が異なるため、高濃度の物で手に入りやすい価格で市販されていることはそれほど多くはありません。種類に応じて特徴や効能は違うといわれているため、購入前に確認が必要です。

電解水素水の特徴とその効能とは

水素水

水素水のなかでも整水器と呼ばれている機械を使って水道水を電気分解することで発生する水のことを、呼びます。電気分解することで陽極側・陰極側に分かれ、陰極側に分かれたほうが電解水素水です。陽極側に分かれた物は電解酸性水と呼ばれて高い抗菌・抗ウイルス性を持つ特徴があり、日本国内では手指の殺菌や食品の殺菌・消毒・農薬の一種として使用されています。

陰極側に分かれた電解水素水は他の水素水よりもアルカリ性で、一般家庭へ提供されている物は弱アルカリ性であることが多いです。水道水を電子分解することでミネラル類やプラスイオンが増えており、もともとの水よりも5パーセントから20パーセントミネラル類が増えていることも知られています。残留塩素が除去されており、水道水よりも飲みやすいという意見も少なくありません。

整水器は「胃腸症状改善のための引用アルカリ性電解水の生成」を目的とした医療機器として規定されており、定期的に飲用することで胃腸の働きを助けることが期待できるといいます。胃もたれや胃の不快感の改善・お通じの改善などが効能といわれているのも特徴の一つです。高濃度の物よりも穏やか作用であるため、日常生活に負担にならない程度に取り入れている人が多いといいます。

高濃度水素水の特徴とその効能とは

水素水

高濃度水素水とは電解水素水などよりも多くの水素が溶け込んでいる水のことですが、販売しているメーカーにより基準が異なっているのもポイントです。1リットル当たり1㎎の水素が溶け込んでいる場合の単位を1ppmで表現していますが、一般的な物の場合は1.5から1.6程度が基準であるのに対して、3から7、10以上のppmとなっている物もあります。中には2万以上の物もあるといわれていますが、販売しているメーカーはとても少ないです。別名水素飽和水とも呼ばれており、多様な効能を期待できるといわれています。

現在期待できるものと知られているのは、脳疾患でのアルツハイマーやパーキンソン病、脳梗塞及びその後遺症などをはじめとした脳に関する疾患の症状改善・緩和を初め、心筋梗塞などの循環器の疾患、リウマチなどの骨関節の疾患などです。もちろん糖尿病や肝炎などの症状をやわらげる働きも期待されており、現在医療機関で臨床試験を行っています。ぜんそくやアレルギー疾患を改善する働きが期待できるともいわれており、実際に治験を受けた人の中で症状を改善した人は多いです。これ以外にアンチエイジング効果への働きが期待できることから、美容医療関係ではすでに多くの患者が利用しています。

高濃度水素水と電解水素水の違いとは

水素水

高濃度水素水と電解水素水の違いは水素の含有量であることは明らかですが、全てにおいて高濃度水素水が優れているかといわれると、そうではありません。高濃度水素水は加圧タンクを使って作られており、医療機関で提供されていることが圧倒的に多いです。対して電解水素水は市販されています。医療機関で提供されている物に対しての水素の含有量は疑う余地もありませんが、市販されている物の中にはメーカーにより、安全性に疑問を抱くものもあります。

高濃度水素水は医学的に生活習慣病や関節リウマチなどの病気の症状改善や緩和などがあげられており、医学的な使用を目的として利用することが圧倒的に多いです。対して電解水素水は市販されており、誰でも飲むことができます。定期的に飲む人の場合はアンチエイジングや病気の症状改善や緩和を期待することが多いですが、高濃度でなければ症状を改善できないのかといわれると、必ずしもそうではないです。

実際に電解水素水で肥満改善や歯周病改善などの効果を実感できたという人もいるため、病気の症状や病気の種類に応じては必ずしも高濃度水素水を毎日とる必要はないという意見があります。長期間毎日電解水素水を摂取して2ヶ月ほどたった時に体内の活性酸素が減少していたという大学の研究もあるため、電解水素水でもある程度有効ではないかという意見により、2022年の時点で研究が進められているのも事実です。

電解水素水を作っているメーカーの整水器の特徴

水素水

電解水素水を作ることのできる家庭用整水器製造をはじめとした多数の業務を行っている日本トリムで扱っている整水器は、2019年度整水器市場売上金額ナンバーワンとなっており、多くの人から支持されています。理由の一つに高性能マイクロカーボンカートリッジを搭載していて、JIS規格17物質を除去可能です。マイクロカーボンで吸着が早く、しっかりとした電解水素水を作ることができるようになっています。

また、独自の技術であるダブル・オートチェンジ・クロスライン方式を採用しており、電解の極性と水素を定期的に切り替えて長期間整水器を使用していても電極版にミネラルが付着してメッキ上になりにくい仕様です。電極の寿命を長持ちさせつつ、いつでも適切な水素が含まれている電解水素水を作ることができるようになっています。水道につなぐだけでいつでも、どこででも好きな時に好きなだけ電解水素水を作ることができるようになっていることから、ペットボトルやパウチで販売されている電解水素水を購入する必要がなく、余分なごみを出さなくて済むため地球環境への負担が低減できる可能性が高いです。また、頻繁に購入することなく長く使える仕様となっていることから、家計への負担も少ない範囲で電解水素水を利用できるのも魅力といえます。

まとめ

水素水

水素水は通常の水道水よりも豊富に水素を含んでいる水のことで、活性酸素を減少させる働きなどが期待できるといいます。電解水素水は整水器を使って作られた水素水で、胃腸などへ良い影響を与えることが期待されている水です。対して高濃度水素水は医学面で研究が進められている水で、脳梗塞などをはじめとした各種病気の症状緩和、改善を期待されています。高濃度の場合は病気改善などを期待できますが、濃度が高ければいいという物ではありません。家庭用整水器を作っているメーカーではいつでもどこででも作ることができるため、地球環境や家計にやさしいといいます。